2010年01月20日

<浄土真宗本願寺派>「自殺防止センター」を設立(毎日新聞)

 毎年3万人を超える自殺の防止に宗教者がもっとかかわるべきだとして、国内最大規模の伝統仏教教団である浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺、京都市下京区)が4月、電話相談のためのNPO法人「京都自殺防止センター」を設立する。自殺に対しては「仏教の教えに反し命を粗末にしている」と考える僧侶も多く、教団レベルでの取り組みは珍しい。

 同派は08年、全国約1万の末寺を対象にアンケートを実施(回答率26%)。8割以上が自殺予防や遺族支援に「特にかかわっていない」と答え「必要性は感じるが、何ができるのか」といった悩みも多かった。一方、市民団体などからは「悩みを宗教者に聞いてほしい人も多い」との意見が寄せられた。

 そこで勉強会などを重ね「死にたい気持ちを頭から否定せず、苦悩に寄り添おう」と、電話相談を始めることにした。相談者は一般市民を含め宗教・宗派を超えて育成し、秋からの活動を目指す。同派教学伝道研究センターの金沢豊研究助手は「宗教都市・京都の特性を生かしたセンターにしたい」と話す。

 活動に関心を持ってもらおうと、2月5日に西本願寺で公開フォーラム(無料)を開き、相談実習のワークショップ(7日まで3日間、有料、要申し込み)も行う。問い合わせはフォーラム事務局(電話075・371・9244)。【丹野恒一】

【関連ニュース】
自殺者:3万人超す 前年上回る恐れも 1〜11月
自殺者:12年連続3万人 長引く不況、前年上回る恐れも
掲示板:講座「ストップ!自殺〜人のつながりと心の回復」ほか
’10記者リポート:年間自殺者3万人超 経済危機で増加の恐れ /石川
リメンバー福岡:「自殺の現状理解して」 来月7日、記念講演 /福岡

<資金提供>「元請け5000万円補てん」水谷建設元幹部(毎日新聞)
天明屋尚展 ミヅマアートギャラリー 日本の伝統文化を意識(産経新聞)
撃たれたのは元羽曳野市議長 「どうして…」凍り付く住民(産経新聞)
NTT西に業務改善命令=顧客情報漏えい問題で−総務省(時事通信)
災害援護資金、自己破産の連帯保証人を免責 神戸地裁支部判決(産経新聞)
posted by まんまにーな at 17:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。