2010年01月21日

「普天間」争点に一騎打ちへ=沖縄・名護市長選、17日告示(時事通信)

 任期満了に伴う沖縄県名護市長選挙が17日、告示される。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設問題を争点に、条件付きで移設受け入れを容認する現職と、移設反対の新人の一騎打ちとなる見通し。24日に投開票される。激戦は必至で、選挙結果は同飛行場移設をめぐる政府・与党の議論に影響を与えそうだ。
 これまでに出馬表明したのは、現職で再選を目指す島袋吉和氏(63)と、新人で元市教育長の稲嶺進氏(64)=民主、共産、社民、国民新、沖縄社会大衆推薦=の無所属2氏。 

【関連ニュース】
説明不十分なら審議拒否も=自民・川崎氏インタビュー
「移設に断固反対」=普天間問題で意見書
普天間決着「悲観的」=行き詰まり想定し代案検討を
「対等な関係」には応分の責任=安保改定50年で米高官
普天間、現行計画は困難=駐日米大使に既に伝達

<第二東京弁護士会>駅員暴行で有罪の弁護士を懲戒処分(毎日新聞)
<脱税容疑>左官会社「フタ村」が4500万円 国税局告発(毎日新聞)
桜井茶臼山古墳 発掘成果紹介の速報展始まる(毎日新聞)
清水建設元作業所長ら書類送検=パイプライン工事爆発−新潟県警(時事通信)
「子ども手当」どう使う? 関西ママは節約志向(産経新聞)
posted by まんまにーな at 13:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。