2010年03月18日

投資詐欺対策で連携強化=警察庁、金融庁、証券監視委(時事通信)

 投資名目で金を集める詐欺事件の被害が後を絶たないため、警察庁と金融庁、証券取引等監視委員会は18日、合同の対策ワーキングチームを設け、連携を強化することを決めた。寄せられる具体的な情報を3者間で共有し、捜査だけでなく、行政処分や警告を素早く行い、早期の被害防止を図る。
 チームが対象とするのは、ファンドと呼ばれる投資・分配スキームのうち詐欺が疑われる事案。どの事業者がどんな方法で資金を集めているのかなど、これまでは2者間でしか交換していなかった情報を3者間で共有した上で、(1)捜査着手(2)業務停止や改善命令などの行政処分(3)警告−などの措置を決める。
 問題となるファンドの事業者は大多数が東京など首都圏に集中しているため、警視庁と埼玉、千葉、神奈川各県警などの担当課長らもオブザーバーとして参加する。19日に初の会議を開く。 

【関連ニュース】
報酬開示、当初案通り実施=1億円以上対象
味の素社員に課徴金39万円=審判でインサイダー認定
個別報酬開示「反対多い」=アナリスト協会が意見書
モジュレに課徴金勧告=有報虚偽記載で
「反対したってやる」=役員報酬の開示義務化で

相次ぐ不祥事、東京医大理事の大半が辞表(読売新聞)
遣唐使船、朱鮮やかに…復元ほぼ完成(読売新聞)
離党の鳩山邦夫氏「自分が政界再編の接着剤に」(読売新聞)
高校無償化 法案可決 子ども手当法案も 衆院本会議(毎日新聞)
【土・日曜日に書く】特別記者・千野境子 「もう一つの日米50年」から(産経新聞)
posted by まんまにーな at 17:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。