2010年05月29日

<ワニのような生き物>住宅地路上に巨大トカゲの死骸 ペットを捨てる? 札幌(毎日新聞)

 25日午後11時15分ごろ、札幌市白石区北郷で「ワニのような生き物が死んでいる」との110番が、近所の住民からあった。北海道警白石署員が確認したところ、路上で南米原産のトカゲ「レッドテグー」が死んでいた。餌とみられる冷凍のマウスなどが入ったビニール袋があったことから、ペットが捨てられた可能性が高い。動物愛護法違反か廃棄物処理法違反にあたるとみて捜査している。

 同署などによると、死骸(しがい)は体長約97センチ、体重約2〜3キロで、性別は不明。車道わきにうつ伏せで死んでいた。衰弱死とみられる。

 レッドテグーは体が赤みがかったまだら模様で、最大で体長約1・2メートルまで成長する。飼育に特別な許可は必要ない。市内のペット業者(50)によると、販売価格は4〜5万円程度で初心者でも飼いやすい種類といい「捨てる前に専門店に相談してほしかった」。【片平知宏】

私立から府立高へ転入制度、橋下知事「大賛成」(産経新聞)
都の漫画規制案、民主が撤回要求へ(読売新聞)
塩酸など325キロ購入、無登録で高校生に転売(読売新聞)
代替滑走路、工法も合意済み=状況見て発表―政府高官(時事通信)
<ワニのような生き物>住宅地路上に巨大トカゲの死骸 ペットを捨てる? 札幌(毎日新聞)
posted by まんまにーな at 04:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。